Wind of Destiny

やる気の無い雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

なんか色々失敗した感じ('A`;)
ま、多くは語らず↓本文


「ここ、どこ?」
暗い何も無い。
ボクはどこにいるんだろう?
何も見えること無く、何もない場所。
ただ聞こえるのは水の音だけ。
「いつからこんな所にいるんだろう?」
思い出せない、初めから居たのかもしれない。
水の音がする方向に行こうとする。
だけど動けない、動くために必要な何かが切り離されてる。
諦めよう。
いつからいるかわからない、何もない場所。
元々はどこに居たんだろう。
覚えてるのは水に護られた揺り篭。
静かな確実な音。
暖かな思い。
「あれはどこなんだろう?」
思い出そうとするけど、手から零れる水のように記憶が零れた後。
分からないけど、分からないことが何なのか。
分からないから何なんだろう?
ここは淀んだ空気。
泣き声が聞こえるような気がする。
耳を澄ましてみるけど聞こえない。
ここにはボク以外誰もいない、多分。
何かあるか探そうと、手を動かしてみる。
だけど何も触れない。
何も見えないのか、見ることが出来ないのか?
ボクはこのままここに居続けるんだろうか。
どこか違うところに行くんだろうか。
『ごめんねごめんね…』
遠く彼方から、そんな声。
何故か聞いたことのある声、そんな気がする。
何にこの人は謝ってるのだろうか。
この近くにいるのだろうか。
『ごめんね…』
聞いてみたいけど、聞く事も叶わず。
何故か「ボクはここにいるよ」と叫びたくなった。
なんでだろう?
暫くして声が聞こえなくなった。
また何もない世界。
水の音だけが僅かに響く。
何も無くて寒い世界。

つくはずだった、願いをこめられた一文字は
その世界には無く…
スポンサーサイト
Novel | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<あれ・・・? | ホーム | 想起(最終話)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。