Wind of Destiny

やる気の無い雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

20110619GvG

GGレポ
レポ?


夜の帳が降り、城門に篝火が灯る。
今宵、猛者たちの狂宴が始まる。
合図たる城主誇示の放送が終わり、右手に栄光を求める力と力。

/*
というわけで、久々の日記は厨二仕様でお届けします?
前週、天狗団を完封したwoam。
今週は天狗から熱いラブコールを受けてたので、こちらも戦法やら配置やらを考えて対峙予定。
*/

間違いなく奴らはやってくる…あの緑の獣がやってくる…

超獣軍団 対 四神の具現者(一部脳筋含)

庭と控えの間に軍を配して待ち構えるも、やって来たのは神々の詩を受け継ぎし者達。
武を纏う戦の体現者に翻弄される。
誇りたる神宝の下まで辿り着かれ、危うく本懐を果たせぬまま倒れるところまで追い込まれる。
知と武を持ち、退けるものの尚苦しい戦いは続く。

戦いの中、斥候から情報。
来たか…
緑の獣のけたたましい咆哮が聞こえ、進軍の砂煙は万の軍を彷彿させる。
聖なる樹に抱かれた天狗よ、我らの要塞へようこそ。

嵐のような剣撃・槍撃が神々の詩を受け継ぎし者達を地に伏せる。
しかし将は前に進んでくる。
挟撃に気付くも前に進むか…よかろう、全てを超えてやる。
図らずも超獣軍団と力を合わせる事となり、この砦に邪魔は居なくなった。
さぁ始めようか…

小競り合いが続き、一進一退の攻防戦。
情報が乱れ飛び、頼れるモノは己が力と道化を気取る漢の指示のみ。

ふいに砦に静寂が訪れる。
去った?そんなはずはない!
奴は小競り合いで満足するような小物じゃない!
ドヤ顏で鼻を伸ばす、そんな漢だ!

だが気味の悪い静寂が砦を包む。
何故だ…?

幾度か様々な勢力の斥候がくるものの、宿敵の姿は見えず。
このまま幕を閉じるのか?いや…来た…

再度の来襲、先程より重圧が増している。

敵は本気と書いてマジである。
いいぜ…お前が全てを倒すと言うなら、まずはその巫山戯たトカゲから降りてください。

何度も敵をねじ伏せ、何度も地を舐めた。
幾合受け止めたろう、幾度貫いただろう。
ただ自身の誇りの為、ただ仲間の栄光の為。
終わりの見えない戦いが続く。

急報!
新世界の闇の葉襲来!

怒号が舞い飛ぶ、情報が錯綜する。
目の前にある宿敵、相対する事は無いはずだった最強の闇の神達。
ここまでか…
せめて前に倒れよう…

拳に力を込め、激戦の渦に身を投げる。
瞬間、空気が変わる。
背中に圧がかかる。
何だ?
天狗「いくぞ」
多くは語らない、なれど宿命の相手だからこそわかる。
互いの背を預け、強大な敵に立ち向かう。
俺達の世界を守る為に!

押す押される、押される押す。
先程までの戦いがまるで遊戯のように、力と力、知恵と知恵のぶつかり合い。
旧世界に留まった力と、新世界に在る力。
新世界のチカラは、気を張っていてもこちらを食い尽くす程。

正攻法だけではとても敵わぬ。
道化「活路を開こう」
超獣軍団が戦線を維持してる間に、城主のみが使える隠し通路を進む。
そこは闇の神達の背中。
終結の名を冠する力を軸に、一斉に詰め寄る。
流石の闇の神達も虚を突かれ、一気にその数を減じる。
だが掃討出来たのも束の間、また続く戦い、終わり無き敵勢。
仲間には疲れが滲み出ている、俺達は負けるのか…?

もう夜明けまであと少し。
天狗「俺らはもうすぐここを離れる…すまない…」
当然であろう、戦士の栄光はここだけではない。
だが俺達だけで立ち向かえるのか?無理だ…
それは言うまい、助けられてるのはこちらだ。
最後まで、最期まで、命を燃やそう。

何度も押し込まれ、何度も押し返した。
宿敵に守られ、宿敵を守り、共に戦う。
今この時は、いずれ土に還る時まで、誇っていい、覚えておきたい記憶だ。

そんな戦いにも終わりはくる。
空が僅かに色を変える。
天狗「撤退する、すまない。」
宿敵よ、ありがとう。
もう背を守るモノは何もない。
天狗「幸運を祈る」
そう言うと、こちらの声を待たず戦列を外れて行く。
騎兵がそれに倣い、少しずつ戦列から消えて行く。
別れを惜しむ者、遠からぬ未来での再戦を望む者。
様々な色が現れては消える。
さぁ終わりは近い、俺はまだ戦える。
宿敵の助けを無駄にしない為にも、ここをゴールには出来ない。
たとえ負けようとも。

寂寥感を拭い去り、前線であった場所に戻ると、そこには味方の姿しか確認出来なかった。
何だ?去ったのか?
いや油断は危険だ。
砦内部を隈無く調べる、いない。
か、勝ったのか…?
その言葉を契機に、砦内に歓声が湧き上がる。
天さえ貫かぬばかりの声。

心地良い疲労と、誇りにさえ思える体の傷を抱き、空を見上げる。
あぁ夜明けはすぐそこだ。

薄明かりの空に天狗の姿が見えた気がした。
またいずこかの戦場で会おう。



あー、何か書きたかったモノと違うし、変な作りになってるし…

というわけで久々のレポ?でした。
まぁ厨二仕様で行くと宣言したので、解説ゼロでいいよね、詳細はトレントとかみふゆんとかが書いてるし。
…てかこれ厨二か?
スポンサーサイト
RO | コメント:3 | トラックバック:0 |
| ホーム | 生存報告>>

コメント

詩人が謳いあげる口伝……そう、SaGaだよ。
2011-06-22 Wed 17:23 | URL | 暁 [ 編集 ]
久々の日記がコレダヨー!ナンテコトー!
ヨクワカラナイけど楽しかったんだなーってのだけ伝わってクルシ。
うらやましぃれす^v^Frもまぜろし
2011-06-23 Thu 04:02 | URL | みりあ [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
2013-01-17 Thu 05:15 | | [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。